ワーケーション

和歌山県でワーケーションを楽しむ

投稿日:2018年5月6日 更新日:

sea

ワーケーションとは

こんにちはGWを満喫中のウィリアムです。

最近注目のワーケーションについて書いちゃいます。

さてワーケーションは聞き慣れない言葉だと思います。僕も最初聞いた時は「何それっ?」て感じでした。

一般的にワーケーションとは仕事(work)と休暇(vacation)を組み合わせた造語であり、働き方改革が叫ばれる中、特にICTに従事する方を中心に注目されているようです。

具体的には在宅勤務やモバイルワークに代表されるテレワーク(ICT:情報通信技術を活用した、場所や時間にとらわれない柔軟な働き方)の活用等により、リゾート地等で働きながら休暇を取得、あるいは休暇をとりながら働く形態のことです。

 

 

ちなみにJALは2017年から本格的にワーケーションの制度に取組みました。

 

ワーケーションの何がいいのか

ワーケーションを利用することで通常とは違う環境で仕事をすることで、その地域活動への関わりやCSR活動等も可能です。

 

休暇取得の促進になる

会社としてワーケーションがあれば、堂々と休みをとることができる。連続して数日間の休日をとりたいが、どうしても外せない会議があっても、テレビ会議などで対応可能です。

 

移住地候補地探しができる

首都圏で働く方がワーケーションを通じ白浜町のようなリゾート地を知るきっかけになり、その場所を気に入れば移住も視野に入れることができ、新しい住まいの候補地探しが可能である。

 

 

なぜ和歌山県(特に白浜町)がワーケーションに適しているのか?

white beach

ワーケーションをするために必要になるものとしては大きく以下の2つです。

1.仕事をするためのアクセスの良い施設とICT設備
2.休暇を楽しめる場所

白浜町がこの条件を満たすかを考えると

 

1.仕事をするための優れた環境(施設、ICT設備、宿泊、通信環境)

和歌山県を代表する白浜町は観光名所であり、宿泊施設が整っています。和歌山県への観光客数を統計データでみると

白浜町の宿泊施設収容力は161施設1.5万人
H28年の宿泊客+日帰り客 約350万人

観光客が快適に白浜町に滞在できるように多くのホテルやカフェではWiFiが整備されています。

また、首都圏からのアクセスに関しては羽田空港―南紀白浜空港間が飛行機で70分間の距離です。(1日往復6便が運航)

更にコーワーキングスペースとしては以下の施設が利用可能です。

和歌山県立情報交流センター Big・U
クオリティソフトのコーワーキングスペース
・白浜第2 ITビジネスオフィス

 

2.休暇を楽しめる場所

観光名所白浜には休暇を楽しめる場所、物がたくさんあります。

・温泉(温泉総選挙2017 夏の陣の様々な部門で1位を獲得)
・豊かな自然
・豊富な食(幻の魚 クエも楽しめる)
・アドベンチャーワールド(5頭のパンダがいます)

僕の職場でもぜひ導入してほしい制度です(^o^)

 

(ウィリアム)

 

-ワーケーション
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事はありませんでした