高野町

台風にも負けず高野山サイクリングを楽しもう

投稿日:

daimon

和歌山県を自転車で一周計画

10月8日になりましたが、現在の気温は27度という暑さです。こんな日はアイスクリームが美味しいなーと思いむしゃむしゃ食べたウィリアムです。

1年以上前の出来事(2017年の10月)ですが備忘録としてサイクリング日記を書きます。

 

もともとは自転車で和歌山県を一周しようという計画で

和歌山市→高野山→田辺市→那智勝浦町→串本町→田辺市

というルートを考えていました。

しかし、台風が迫っていたため計画を高野山1泊2日コースに変更しました。

さすが台風というべく、風雨の中高野山までサイクリングに行ってきました。

 

雨だったのでスマホを出して撮影はあまりしていません(T_T)

 

サイクリング計画

出発:和歌山市の日本赤十字社和歌山医療センター

到着:高野山蓮華定院

Google Maps の近道ルートでは約53km。

 

実際は紀ノ川沿いに整備された走りやすいサイクリングロードがあるので、少し遠回りになりますが走りやすい道を行くので、距離にして57km。

高野山で泊まるところは宿坊の「蓮華定院」にしました。

事前に高野山の宿坊協会に問い合わせて、空き状況を確認してもらい蓮華定院をご案内いただきました。

 

アパートを出発するときは小雨ぐらいでしたが、走っているうちにそこそこの雨になってきました。

紀の川のサイクリングレーンはとても走りやすかったですが、雨のため途中に泥地があり、走りにくく自転車、服が汚れて残念でした。

高野山の麓にセブンイレブンがあり、ここで休憩してから本格的な坂を登りました。

エネルギー補給大事です。ハロウィン前だったので、スペシャルなデザートメニューがありました。

cake

 

高野山の坂は急で長いです。泊まりのための荷物と修理道具を持っていたので荷物も結構重く、途中自転車を押して坂を登ります。

 

高野山に早めに到着すれば、ランチは精進料理というのも考えていましたが、高野山に到着するのは15時過ぎになりそうで、お腹も減ってきたので高野山の坂の途中にあるレストランでランチにしました。

 

カフェにて

立ち寄ったカフェは「ギャラリーカフェ Gudang(グダン)」というお店です。

営業日は土、日、祝 営業時間 am10:00pm6:00のみとなっているので注意です。

雨も土砂降りに降ってき雨カッパもかなり濡れていて、服も少し濡れているので外で食べようと思いましたが、一度店員さんに中で食事は可能か聞いてみると親切なことにOKしてくれました。

cafe

entrance

席に着くと店員さんがタオルを持ってきてくれて、「よかったらお使い下さい」との優しいお言葉。雨水が腕や手に付いていたので、お借りしたタオルで拭かせていただきました。

 

パスタランチ ¥1,300がすごく美味しそうだったので注文しました。

menu

 

店内がおしゃれでした。

inside

 

ランチいただきます

トルティーヤは普段なかなか食べる機会がないのでしっかりと味わいました。

vegetable

 

パスタが到着です。野菜がもりもりで、アツアツなので冷たい雨に打たれて冷えた体が温まります。

pasta

 

最後はデザートとコーヒーです。

レアチーズケーキはとろけるような甘さで美味しかったです。

お皿とコーヒーカップがおしゃれでした。

cake

 

お腹がいっぱりになり、定員さんのおもてなしで身も心も温まりました。

さてと、高野山の坂を登るぞい(^o^)

board

 

高野山に到着

高野山に向かうときは土砂降りの雨で体力を削られます。

やっと高野山の入り口である大門に到着しました。

daimon

 

宿坊に向かう途中に高野山唯一のコンビニに寄って宿坊で食べるおやつを購入しました。

宿泊する「蓮華定院」に到着したときは15時をまわっていました。

rengejoin

 

僕が蓮華定院に到着したときに、外国人の方も蓮華定院の入口に立っていました。高野山は外国人客が多くて目立ちます。

実は蓮華定院は真田家ゆかりの地です。関ヶ原の戦いの後、徳川家康が真田昌幸と真田幸村に蟄居を命じました。その時に真田昌幸と真田幸村が外に出ずに閉じこもっていた寺がこの蓮華定院というわけです。

真田丸の大河ドラマが2016年に放映されていたので、2017年も引き続きタイムリーな宿坊でもあります。

 

宿坊にて

宿坊のフロントでチェックインをすませて、部屋に案内してもらいました。

さすが高野山、標高が高くて10月下旬となると寒いです。石油ヒーターは必須です。

温かいお茶がケトルに入っていたので早速いただきました。

湯呑に真田家の家紋「六文銭」が描かれています。

room

 

廊下から見える木々は少しの紅葉が見受けられました。

yard

24時間入浴可能なお風呂があったので、早速入らせていただきました。

 

廊下を歩いていると外国人観光客の方とすれ違うことが多かったです。

夕方にはお勤めがあり、17時30分から行われます。

お勤めの後にはお話をしていただけます、日本語のあとに英語でも聞けます。

 

その後は夕食です。日本人客と外国人客で食事の部屋が分かれている理由は、食事中にお寺の方から高野山の歴史などのお話を聞けるのですが、日本語と英語解説と2つにお部屋を分けられているようです。

お楽しみの精進料理をいただきます、品数が多くどれもこれも美味しかったです。

shojin

 

食事のあとには護摩祈祷を見学しました。

護摩祈祷の後に自分の部屋に戻るときに廊下からライトアップされた庭園を見て楽しみました。

light up

自分の部屋に戻ってからはフリーWi-Fiが使えるのでインターネットを楽しみました。

 

2日目

朝は6時から本堂にて朝のお勤めが行われます。

時間ギリギリにいくと後ろの方の席しか空いていません。

 

お勤めの後にお話を日本語と英語で聞いたあとに朝食をいただきます。

 

台風の影響がお昼前にかなりひどくなりそうなので、嵐の前に下山することにしました。

要所要所で撮影しました。

yard

yard2

room

yard

explanation

 

台風と自宅まで競争

帰る途中に世界遺産中門を撮影しました。

これは2015年に再建されました。(172年ぶり)

chumon

 

高野山は高地にあるので落雷による火事で建物が焼け落ちてしまうことがよくあるので、火災の対策がされています。

 

高野山には石段の上に伽藍が建立されており、これは「壇上伽藍」と呼ばれています。

※伽藍(寺院の建物の総称)

 

伽藍が含む建物は以下のものがあります。

  • 東塔(とうとう)
  • 三昧堂(さんまいどう)
  • 大会堂(だいえどう)
  • 不動堂(ふどうどう)
  • 金堂(こんどう)
  • 孔雀堂(くじゃくどう)
  • 六角経蔵(ろっかくきょうぞう)
  • 善女竜王社(ぜんにょりゅうおう)
  • 中門(ちゅうもん)
  • 高野四郎(こうやしろう)
  • 山王院(さんのういん)
  • 御社(みやしろ)
  • 西塔(さいとう)
  • 根本大塔(こんぽんだいとう)

高野山1200年の歴史でもこのような状況はないとのことで、全ての建物が現世で見られるため「奇跡の時代」と呼ばれています。

和歌山市に入るあたりで暴風雨となり、顔に雨がビシビシとムチのように当たるので痛かったです。

アパートに到着したら、まずは温かいインスタント味噌汁を飲んで体を温めて、温かいシャワーを浴びてスッキリしました。

この日は台風なので家にゆっくりしていました。風の勢いがすごく、アパートが小刻みに揺れるのを感じました。かなりインパクトのあるサイクリングであり、今となっては良い思い出です。

この記事を読んでサイクリングまたは高野山に興味を持ちましたら、世界遺産の観光と一緒にぜひ宿坊に泊まって高野山でしかできないことをぜひ体験してみてはいかがでしょうか。

これからは紅葉の時期に入るので観光客もどんどん増えてくるでしょう。

 

(ウィリアム)

-高野町
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

konpondaito

世界遺産「高野山」を観光するなら毎月20日〜21日がオススメな理由

  Contents1 世界遺産 高野山2 毎月20日〜21日観光がオススメな理由3 アクセス3.1 高野山の地図4 高野山で使うべきスマホアプリ5 高野山 おすすめモデルコース情報6 みど …