東京なら2時間待ちになる古民家カフェ A DAY

和歌山市

お店の評価(俺の独断 ★5が最高)

総合 ★★★★★
デート利用 ★★★★
地域プレミア度 ★★★★★
雰囲気 ★★★★★
★★★★★
価格 ★★★★
スポンサーリンク

A DAY

もう紅葉シーズンで大分寒くなり冬という感じがしてきましたね。

和歌山市の古民家カフェに行く機会があったので、どんな感じのところかを紹介します。

東京から来た人の話によると、こんな素敵な古民家カフェがあったら雑誌に特集され、2時間待ちの大人気店になるのではないか?」というようなお店です。

 

A DAYというお店の名前の由来

店長の話によると、店名は和歌山の方言に由来します。

和歌山県のおばちゃんは人に出会ったときに「あで〜、○○さん最近どうよ?」という感じで会話が始まります。

一般的な感覚で言うと「あら」、「あらまあ」といったところです。

 

お店の思い

店長は建築関係のお仕事を40年携わった後に古民家カフェを始めたようです。

お店の思いは「お客さんにゆっくりしてほしい。」

この「ゆっくりしていられる店」というのがお客さんに伝わっているようで、100歳のおばあちゃんがよくランチを楽しみに来てくれるとのこと。

お客さんの層としては地元の人が多く、岡山県、兵庫県からの来客もあったとか。

他のお店の利用のされ方としては、近くにある伊太祈曽神社での結婚式のあとの2次会として等

お店のおすすめメニュー

一番の自信料理はエビバーガーとのことです。

最初は各種ソースを買うということも考えたようですが、色々と試したソースが美味しくなかったので自分たちのオリジナルソースを作るようにしました。

それからは、全ての料理、デザートの手作りにこだわったとのこと。

 

仕入れは毎日 朝5:30から行い、定休日である水曜日も仕込みをしています。

従業員としてスーパーシェフを雇っており、色々な料理を教えてもらっているようです。

特にドレッシングにもこだわっており、お客さんから「この美味しいドレッシングの作り方を教えてほしい」との声があったとのこと。

ちなみに店長の答えは「企業秘密です。」

他にも注目が

店長と奥さんは幼馴染で小学校からの付き合で、もうかれこれ50年一緒とのことです。

この熱いエピソードが色々と興味深いのですが、時間の都合上細かく聞くことはできませんでした。

みなさん、ぜひお店に食べにいって、店長に時間的余裕がありそうなら聞いてみましょう(^o^)

お店の壁

とってもデザインチックでオシャレな壁です。

 

(ウィリアム)

 

お店の情報

店名 コミンカカフェ A DAY
電話 073-478-3335
住所 和歌山県和歌山市口須佐156
営業時間 11:00~17:00
定休日 水曜曜日
駐車場 あり

コメント

タイトルとURLをコピーしました